驚異のミスへの強さ!キャロウェイ XR ドライバーを試打!

X HOTの後継なのでぶっ飛びなのかと思ったら、尋常じゃなくミスに強い実戦的ドライバーになっていました。テーラーメイドのM2と比較しても決して飛び性能は悪くないのですが、その直進性の高さに霞んでしまうほどです!

 

試打クラブ スペック

ロフト:10.5°  シャフト:キャロウェイオリジナル 日本仕様純正 XR(Rフレックス)グラファイトデザイン製

重量:299g  長さ:45.5inch (カタログ値)

 

●構えてみると

構えてみると濃いめの青いヘッドが目に入ります。

あまり無い色ですがマットで光沢は無いのでそれほど気になりません。

白のような膨張した感じもせず、黒一色の緊張感も無いので良い意味で中間のマイルド。

 

フェース寄りのラインが初めは目に付きましたが、打っている途中から方向を取るのに役立つことがわかりました。

これは好みでしょうから、画像見て気になった方は実際に構えてみる方が良いでしょうね。

ぱっと画像を見て気付かなかったけど言われて気付いた、という程度なら実際に使っているうちに気にならなくなるでしょう。

 

形状は綺麗な半円で癖がありません。

アベレージ向けに多いシャローな大きな円盤のような形は、スイング中にヘッドの動きがブレないという良さはありますが、反面ヘッドに動きをコントロールされているようで窮屈に感じる方もいるでしょう。

その意味でこのクラブの大きすぎない半円の形状は、ヘッドが自分のスイングなりに(上級者向けのクラブほど敏感ではありませんが)動いてくれるのでストレスがありません。

優しさは欲しいけどぼってりした大型ヘッドは違和感がある、という方にはおススメしたい形状です。

 

●打ってみると

数球打って思わず「ちょっとこれは凄い・・・」とつぶやいてしまいました。

とにかく球の揃いっぷりが尋常じゃなく、異常にミスヒットに強いのです。

ソールのフェース後部にあるリブのR・MOTOフェースがフェース下部のミスヒットに強いとのことですが、確かに下めに打点がズレてもしっかりボールが上がります。

ただそれだけではなくヘッド全体の感性モーメントが高いのか、左右のズレにも寛容性が高くなっています。

このミスに対する強さは近年打ったドライバーの中ではダントツです。

 

ボールは明らかな低スピンで真っ直ぐの強い棒球で飛んでいきますが、飛距離性能は同時に打ったテーラーメイドのM4の方が飛びます。

しかしM4が不安定に感じてしまうほど、このXRの直進性とミスへの強さは群を抜いています。

また価格が近いM2と比べてもそれは同様ですが、強いて言えばM2の2017の安定性が多少競合するくらいでしょう。

 

方向性はキャロウェイのウッド系クラブは捕まりが強い印象がありましたが、これは捕まり過ぎずほぼストレート。

スライサーの方より左へのミスが怖い人におススメですね。

弾道調整機能はあるのでスライサーの方は捕まりを調整すると右への抜けを抑えられるかもしれません。

 

10.5°なんで当然ですが弾道は高めで、今まで打った10.5°の低スピンドライバーの中でも気持ち高めです。

最近の低スピンドライバーでは弾道が低い、というヘッドスピード40m/sの方はぜひこの10.5°をチョイスして下さい。

 

●打感と音

打感は硬めでちょっと金属感がありますが、これはキャロウェイのドライバーに共通のものです。

音は中音の金属的なもので飛んでることを感じさせてくれます。

 

このXRはキャロウェイお得意のカーボン複合ヘッドではないので、非常にスタンダードなドライバーらしい打感と音に仕上がっており、どちらも適度な硬さがある打っていて爽快さを感じるクラブになっています。

 

●シャフト

重量を見ると51gなのでヘッドスピード40m/sにはちょうど良い重さです。

若干先が走りますが全体的には癖がないシャフトで、素直なしなりが安定性を生む要因の一つでしょう。

 

Rだと柔らかいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、比較的手元側はしっかり目なのでグニャグニャな感じはあまりしません。

アベレージ向けだとSでも非常に柔らかいシャフトもありますが、このXRは柔らかすぎということは無いでしょう。

むしろヘッドスピード40m/sならこの位のしなりがあった方が弾道が高くなるでしょうし、かと言って暴れてしまうほどではなく、非常にバランスの良いシャフトになっています。

 

●総評

とにかくこのドライバーのミスへの強さ、安定性は飛び抜けており、ミスやケガなくラウンドできるはずです。

 

決して飛ばないドライバーではありませんが、M4やEPICなどもっと飛ぶドライバーは他にもあり、一発のぶっ飛びが欲しい人はそちらをおススメします。

しかしドライバーがたまに数ヤード飛距離アップすることと、1ラウンド中OBを出さないことの、どちらがスコアに貢献するかは明白でしょう。

また2打目を打つ条件が良くなるので、ストレスなくゴルフができるはずです。

 

ドライバーの弾道が安定せずスコアを落としてしまう、気持ちよくラウンドできない、という方はぜひ試して見て下さい。

これはおススメです!

●ゴルフパートナーでも検索↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする