抜群の捕まりでスライスを撲滅!M2レスキュー(ユーティリティ)2017(テーラーメイド)を試打

テーラーメイド伝統の捕まりの良さを継承しており、しっかりボールが上がりミスにも強い、実際のプレーで頼れるユーティリティになっています。

 

スペック

ロフト25° シャフト:日本仕様純正 TM5-217 Sフレックス

長さ:39.25inch 重さ:350g(推定値)

 

●構えてみると

メーカースペックを見ると先代より若干小ぶりになっています。
カラーは黒一色から同じM2シリーズのドライバーなどと同様、フェース側にホワイトを配したツートンに変更されています。

このおかげでフェース向きが取りやすく、また単色よりも縦長でシャープに感じました。

タイトリストのユーティリティなどと比べれば少し大きめに見えますが、ボッテリした感じは無くユーティリティにもシャープさを感じたい人には好印象でしょう。

 

数値的には少しオープンフェースですが実際にはストレートに見えとても構えやすいです。

ただ捕まりを良くするためかちょっとアップライトで、トゥが上がり気味なのが気になる人もいるかもしれません。

 

●打感と音

音はカチンという金属音ですが甲高くはなく、大人しめで耳につく音ではありません。

 

打感は重厚とは言いませんがテーラー伝統の塊で弾いているような独特の打感です。

硬いと言えばそうなのですが薄っぺらさや露骨な弾き感は無く、慣れると他の飛距離系クラブのバチンっと言った弾き感がうるさく感じてきます。

テーラーメイドが特に打感にこだわった訳ではないでしょうし、日本のメーカーの上品で厚みのある打感とは比べようもありませんが、慣れるとこれはこれで”アリ”な良い打感の部類だと思います。

 

●弾道

打つとしっかり弾が捕まり上がってくれます。

ユーティリティ自体が捕まりが良いクラブですが、テーラーのレスキューシリーズもその傾向が強いと感じます。

スライサーの方は安心して打てますが、フッカーの方だとチーピンが心配な捕まりの良さです。

弾道調整機能はこのモデルは付いていないので、左へのミスが怖いかたは試打してからの購入がおすすめです。

 

一方直進性は非常に高いヘッドで打ち出した方向にドーンと真っ直ぐ飛んで行きます。

ミスヒットにも強く特にソールにあるスピードポケットの恩恵は確かで、打点がフェース下部にずれてもボールが上がってくれます。

 

逆に操作性は高くはなく真っ直ぐ攻めるのに向いたクラブと言えます。

 

●シャフト

軽量ですがしっかり目のシャフトで方向性を出しやすく、メーカー純正の日本仕様シャフトにしては好印象です。

もう少し重量が欲しい気がしますが、日本仕様の純正ではこの上の重量帯はスチールなので、ヘッドスピード40m/sの方はこのカーボンがおススメです。

 

調子としては先が若干動く捕まり系で、こちらの点でもスライサーの方には安心感のあるシャフトになっています。

 

●総評

直進性に優れミスヒットにも強いユーティリティです。

捕まりが良いのでその性能を活かせるのはスライサーの方でしょう。

飛距離性能も低くはありませんが、その安定した飛びから実戦でミスなくスコアに貢献してくれるタイプに感じます。

ユーティリティで弾道が低かったりトップ気味のミスが多い方におススメです。

こちらの記事もお勧めです。
・テーラーメイド M2レスキュー(ユーティリティ)2016年を試打

●ゴルフパートナーでも検索↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする