向上心のあるアスリート挑戦者へ Apex Pro アイアン 2014(キャロウェイ)を試打

優しさと飛距離に走る近年のフォージドとは一線を画す、向上心のあるゴルファーのステップアップを導くアスリートアイアンです。

名器Xフォージドとの比較も交えながら、上級者を目指すプレーヤーをどのようにサポートしてくれるのか、解説したいと思います。

 

試打クラブ スペック

ロフト:33°(7I)  シャフト:N.S.PRO 950GH Sフレックス

(5番カタログ値)重量:422g  長さ:37.875inch 

 

●構えてみると

構えてみてまず感じるのはヘッドが小ささで、ミズノの上級者向け並みのコンパクトさです。

操作性の高さが伺える反面、芯で捉える正確なコントロールが要求される上級者向けの形状です。

 

一方でトップブレードはヘッドの小ささの割には若干厚めで、寛容さも持ったモデルなのが伺えます。

またネックはほぼストレートですが、わずかにグースがありこの点でも優しさを感じます。

 

全体的にはコンパクトかつシャープな印象で、他のアスリートモデルに慣れ親しんた方、グースや大きめヘッドが苦手な方にマッチする形状です。

 

●打ってみると

打ってみてまず驚いたのが弾道の高さです。

小振りなヘッドからある程度シビアさを予想していましたが、ボールの上がりにはかなりの優しさがあります。

さすがに払い打ちでは上がらず止まらずのボールになりそうですが、多少打ち込みを意識すれば予想以上に上がってくれます。

 

またアスリートモデルとしては比較的芯の広さがあり、同社のXフォージドと比べると明らかにミスに強くなっています。

 

方向性としては素直にストレートで、左右どちらに寄っていることはなく癖はありません。

逆に言えば打ち方なりにそのまま弾道として現れます。

操作性は非常に高くアマチュアが実戦で必要な範囲のものは十分に持っており、これ以上は相当な上級者の方でない限り不要に思います。

 

●ミスへの寛容性は

ボールの上がり方と打点のズレに優しさはありますが、それは従来のアスリートモデルに比べての話で、決して安易なスイングをお助けしてくれるものではありません。

ある程度スイングが出来上がってきている方が、コントロールを覚えていく過程でのズレをフォローしてくれる程度のものです。

 

競合すると思われるタイトリストのAP2の方がもう少し寛容性があり、あくまでAP2はそこで完結する(アマチュアが必要とする操作性と実戦でのミスをカバーする機能が高い次元で揃っていて、これで十分と思わせる)アイアンになっていますが、このAPEX Proは弾道の操作やダウンブローをしっかり身につけるため、ミスはミスとして現れるステップアップのための先生となるモデルと言えます。

 

逆に普段マッスルバックなどの純アスリートモデルをお使いの方が、気楽にゴルフをしたい時や、冬場で体が動かない時期にサブ的に使うのも良いでしょう。

もちろん操作の幅は限定されるでしょうが、レベルの高い競技など以外ではこれで十分と思わせてくれるはずです。

 

●打感

このアイアンで最も感心したのが打感です。

非常に柔らかく芯も感じる、ヤワなフォージドとは比べ物にならない素晴らしい打感です。

 

もちろんマッスルバックに比べれば少し厚みが物足りないかもしれませんが、打点のズレに対する優しさがあってのこの打感は、非常に高いレベルと言えます。

またソール中央に埋め込まれたポリマーのおかげで、打点がずれてもしびれるような打感にならないのは、このモデルの間口の広さを表していると思います。

  

●シャフト

ヘッドスピード40m/sで考えるとやはりN.S.PRO 950GHが妥当な重量に思います。

実際振りやすくボールの上がりやすさにも貢献してくれています。

 

従来アスリートモデルはある程度のヘッドスピードを想定しているものが多く、特に海外メーカーのアイアンはDGを差してこそ真価を発揮するものが多いと思います。

マッスルバックもそうですし同じキャロウェイのXフォージドも、DGをセットした方がより素晴らしい打感と、特に高低の微妙な打ち分けが実現できます。

 

しかしこのAPEX PROは、ヘッドスピード40m/s+N.S.PROでも十分にアスリートモデルとして打感の素晴らしさと操作性をもたらしてくれます。

もちろん使いこなすのは相応の修行が必要ですが、N.Sでもしっかりボールも上がり適度なスピンが入るところは、HS40m/sで上のレベルを目指したい方には最適なアイアンと言えるでしょう。

 

●総評

上級者やステップアップを目指す硬派な中級者をターゲットにしたアイアンで、ミスをカバーし飛距離アップを競うフォージドが多い近年では、珍しいモデルです。

安易にプロモデルとしての見た目だけで手を出すと、跳ね返されてしまうかもしれません。

逆にしっかりこれで鍛えて高みを目指す方には優しく手を差し伸べ、気づいたら長く一緒に戦う相棒になっていた、そんな頼もしいアイアンと言えるでしょう。

●ゴルフパートナーでも検索↓

キャロウェイ APEX PRO アイアン 2014 N.S.PRO 950GH
キャロウェイ APEX PRO アイアン 2014 Memphis 10

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする