重柔シャフトでOB回避!VR-S COVERT フェアウェイウッド(ナイキ)を試打

優しくボールが上がりしかも方向は安定して欲しい、でも大きなヘッドは嫌だ、そんなワガママな要望に応えるNIKEの VR-S COVERT フェアウェイウッドです。

重めで硬すぎない純正シャフトも秀逸で、HS40m/sの方が実戦で大怪我せず使えるFWになっています。

 

試打クラブ スペック

ロフト:15°(3W)設定(13°〜17°可変) シャフト:VR-S 513F(Rフレックス)

重量: 322g 長さ:43inch (カタログ値)

 

●構えた印象

構えるとまず鮮やかな赤が目に入ります。

私はすぐに慣れましたがこれは使う人次第で、さすがに赤はなぁという人がいるのも事実。

また構えると見えませんがソールがえぐれた「スイートスポット・キャビティ」も特徴的です。

ただ後述しますがその効果は絶大で、アベレージモデル並みの優しさをもたらします。

 

色よりも私が注目したのがその大きさ。

後方は丸くふくらんでいますが決して大き過ぎず、かと言って小さすぎずの絶妙な大きさで、癖がなく非常に構えやすいのです。

フェースアングルも素直で左右どちらかに向いているということはなく、とにかく色さえ気にならなければ大変構えやすいのが意外でした。

 

●試打開始

打ってみると驚きの優しさで、弾道は高すぎず低すぎずの、ちょうど良い抑えめ高弾道が簡単に打てます。

3W(15度セッティング)でイージーにこの弾道が出るのは心強いですね。

しかも下目のずれに強いようで、これはライが良ければラウンドの地面からも十分に打っていけそうです。

 

しかも実戦で怖い3Wの方向性ですが、これまた癖のないストレートボール。

捕まり過ぎや右に逃げていってしまうこともなく、これは一重にスイートスポット・キャビティによる芯の大きさによる恩恵でしょう。

逆に言えば操作性はほぼありませんが、それが求められるモデルではありませんし、そこは割り切ったナイキに拍手です。

 

●ミスへの寛容性は

とにかく芯が広く、このヘッドサイズでは他では見ない優しさがあります。

しかもシャフトが重めで全体の重量があるので、それも安定した弾道に大きくプラスです。

重めだとボールが上がりにくくなるものですが、スイートスポット・キャビティのおかげでそんなこともありません。

 

一般的に優しいモデルは軽量がほとんどであり、中でもボールが上がりやすいフェアウェイウッドはどこへ飛んで行くかわからないリスクが常に隣り合わせです。

しかしこのコバートは重さがあるのにしっかりボールが上がり、ヘッドの大きさと合わせて今までにない新鮮な感覚です。

中途半端に優しさが突出している軽量モデルよりはるか安定感があり、実戦で怪我の少ないクラブだと言えるでしょう。

 

●打感と音

打感は弾き感が少なく決して安っぽくはありません。

ただキャビティのためだと思いますが当たり所がイマイチ感じにくく、ちょっとぼやけた打感です。

フェースのどこに当たっているかしっかり感じたい方には、ちょっと物足りない打感でしょう。

 

音は少し低めで金属感が少なく、打感と同じテイストのおとなしめな音です。

キンキンした金属音が苦手な方にはちょうど良い音ではないでしょうか。

 

●シャフト

どうしても色やキャビティのおかでヘッドに目が行きがちですが、このクラブの存在価値を高めているのが、程よい柔らかさで重めのシャフトです。

 

ヘッドスピード40m/s前後でドライバーに50g前後のシャフトを使っている方なら、FWは60g前後のシャフトが安定感が増してお勧めです。

しかし国産はもちろん海外メーカーでも日本仕様だとフェアウェイウッドのシャフトはドライバーと同じ50g前後が一般的。

確かに練習場ではヘッドスピードが上がるので一発の飛びは出るでしょうが、軽さゆえに方向が安定せず、コースではとんでもない方向に飛び出してして一発OBが出やすい重さです。

そのためFWのシャフトは60g前後を入れたいところですが、こちらはカスタムかUS仕様となってHS40m/sには硬すぎでボールが上がりません。

 

しかしこのコバート純正のVR-S 513FはRで56g、Sで60gと重さがしっかりあって方向が大変安定する上に、柔らかさも程よくボールが上がります。

Sなら普段ボールが高めな方はより方向は安定するでしょうし、弾道調整機能で16°にして4W的に使っても良さそうですね。

とにかくこの安定ぶりはこのシャフトがあってこそ、ぜひ試して欲しいです。

 

●総評

非常に芯が広く高い寛容性を持ち、ヘッドは構えやすいミドルサイズという、優しさも見た目のシャープさも欲しいという、わがままな要求にドンピシャのクラブです。

さらにHS40m/sには抜群の安定感をもたらしてくれる重柔シャフトが秀逸で、実戦で使える長距離砲になること間違いなしです。

しかもナイキという撤退ブランドのおかげで非常にお得な価格なのも大きな魅力!

とにかく本番で使える大怪我しないFWをお探しのHS40m/sプレーヤーに大推薦です!!

●ゴルフパートナーでも検索↓

NIKE VR-S COVERT FW 513F

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする